期待できる効果|コミュニケーションツールを活用!クラウド型ワークフローも人気

債権管理はクラウドを利用がベスト!特徴や導入事例もチェック

課題を改善

基本的に債権管理に課題があると感じている企業は多いでしょう。ですが、しっかりと対策することで、このような課題を克服することができます。まずは、導入事例から調べてみましょう。クラウド型債権管理の特徴もお教えします。

債権管理システム導入事例

自動化を実現

クラウド型債権管理システムを導入することによって、入金処理を一元化することができます。円貨や外貨などを一元化した事例もあるのです。より快適に業務をこなすことができるようになるでしょう。また、財務部の業務を最適化することもできています。おおよそ80パーセント程の消込業務を自動化することに成功した企業もあるのです。

消込業務の短縮

消込業務を短縮することに成功した企業も存在しています。クラウド型債権管理システムの導入によって、5日かかっていた業務を3日で終わらせることに成功しているのです。また、人数も20名から3名に減らすことができています。請求検索なども手軽に行えるようになったと言われているのです。よりスムーズに業務をこなせるようになっています。

業務の集約

それぞれの事業所で個別に行っていた業務を、一つの部署に集約することもできるでしょう。入金処理業務を集約することによって、各事業所の負担を減らすことに成功した事例もあります。もちろん、入金処理業務に必要な人員の削減も可能となっているのです。無駄な作業を減らすことで、ミスを減らすこともできます。

迅速な資料作成

作業を効率化することによって、資料作成の迅速化することに成功した事例もあります。基本的に作業時間は、半分以下に減らすこともできるでしょう。残業少なくなるので、低コストで業務をこなすことができるようになります。業務の合理化を狙うことができるでしょう。また、クラウド型債権管理システムの導入で、他業務へのリソースも可能となります。

期待できる効果

ウーマン

インターネット上で

与信管理や売上計上、入金の確認や督促などが債権管理の作業となります。このような作業には大変な手間が掛かるでしょう。ですが、債権管理システムを導入することによって、このような作業の効率化を図ることができるのです。また、クラウドを利用することによって、さらに作業効率は高まります。インターネット上のクラウドを使用すると、ペーパーレス化が可能となるでしょう。より快適に作業を行なうことができるようになるのです。

コストがかからない

クラウド型債権管システムの場合、導入コストがそれほどかからないのが特徴です。以前はサーバーを自社で用意する必要がありましたが、これには導入コストが掛かってしまいます。負担も大きくなるでしょう。さらに、システムを利用できるパソコンも限られてくるのです。クラウド型の場合は、サーバーを用意する必要もないのでコストを抑えることができます。また、どのパソコンからでもシステムを利用することが可能です。そうすることで容易に情報をチェックすることができるでしょう。

Copyright©2017 コミュニケーションツールを活用!クラウド型ワークフローも人気 All Rights Reserved.